RPA

| コメント(0)

先週、警告灯が付いてタイヤ圧が低下していると。それも四輪。
しばらく走っていると左前だけに。
空気圧を見てみると確かに左前が少なくなってる。
で、そのまま約200キロほど走行。警告無しでね。
しばらく経って、また警告灯。
で、ディーラーに電話してみる。おそらくパンクでしょうけどと。
空気を補充して、土曜には走行。
今朝、診てみらったら、ネジが刺さってました。
ランフラットタイヤなので、いわゆるパンクの状態にはならないのは知ってたけど、ここまでとは。
恐るべし。

RPAって何の略か調べたら、どうやら、RPA/Reifen Pannen Anzeigeって、ドイツ語かいな。

コメントする

この記事について

このページは、管理人が2016年11月20日 22:02に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「えくぼ」です。

次の記事は「死神の浮力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.2.4